ユニフォームとランク

競輪選手のユニフォームは、観客席から見てもはっきりと分かるように、カラフルな色を使っています。
1レース9人ですが、パッと見ても分かるように色が決められているのです。
そして、番号ごとに色が予め決められているため、常連の方には感覚的に覚えてしまった方も多いことでしょう。

 

1枠1番は白、2枠2番は黒、3枠3番は赤、4枠4番は青、5番は黄、5枠6番は緑、7番はオレンジ、6枠8番はピンク、9番は紫と決められています。
特に若い番号のほうが定番の色、はっきりと分かる色を使っているのが特徴です。

 

また、レーサーのパンツを見れば、そのレーサーのランクも分かることができます。
レーサーのランクには大きく分けてS級とA級の2種類があり、S級の方が優秀なランクです。

 

S級の中には、S班、1班、2班があり、全てのS級は黒地に赤いラインが入っており、7つの星が記されています。
A級には1班、2班、3班があり、黒地に緑のラインが入っています。
このパンツのデザインを見れば、そのレーサーがどのランクなのかがわかるのです。

 

ちなみに、競輪学校を卒業したばかりの新人はA級の3班からスタートすることになります。

 

そして、このランクの中のS級下位200名とA級上位200名は半年に一度入れ替えがされます。
S級下位200名はA級1班に、A級上位200名はS級2班に変更となります。

 

このように観客にとってわかりやすくユニフォームが作られています。

ネットで車券購入するなら楽天銀行が早い!即日投票可能!