レースの種類

競輪のレースはトーナメント制で行われており、その期間は3〜4日間で行われています。
「特選」「順位決定」「選抜」「一般」とあり、最終日まで競い合いがされているのです。
そして1年に70日開催されていて、1開催に前節と後節それぞれ3日ずつあり、合計6日間となっています。

 

競輪のレースには、様々な種類があります。
まず初日には予選が行われ、この予選で1位、2位になると準決勝のステージに進むことができるのです。
そして選抜は6位までが準決勝に進出することができ、特別選抜は全員が準決勝に進むことができます。

 

2日目は準決勝が行われ、そこで1〜3位に入った選手が決勝に進出することになります。
そして、いよいよ最終日である3日目が決勝です。

 

また、2次予選も行われており、2日以降に開催されています。
準決勝で敗れた4〜6位の選手が順位を確定させるために行われる順位決定戦もあり、準決勝に進めなかった選手が争う一般戦というレースもあります。

 

このように競輪のレースを面白くさせるために、1回だけのレースで終わることなくこのように3,4日費やし最後まで楽しめる形になっています。

 

これが競輪を楽しむ要素となっており、この仕組みがあるからこそ、競輪ファンは飽きることなく情熱を注ぐことができるのです。
初心者の方はこの仕組みはややこしいかもしれませんが、実際に競輪場に出向いたり、車券を実際に買ってみる事で徐々に慣れていくことでしょう。

ネットで車券購入するなら楽天銀行が早い!即日投票可能!